今日のジャンク.txt

プログラムメモ、きまぐれ日記、etc...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KOKIA 2007アルバムツアー in Osaka

前々から行きたかった KOKIA のライブ。
先月、ニューアルバム「aigakikoeru」が発売され、その発売記念ツアーが6/21大阪のリサイタルホールで開催されたので、仕事もさっくり切り上げて突入!(`・ω・´)b

おすすめ。

今回は、配布されたプログラムに曲目が掲載されていたので、抜粋してみると・・・
  • 宇宙が・・・
  • so sad so bad
  • アヒルのココロ
  • 二人の娘
  • やさしくされるとやさしくなれる花
  • cocoro
  • why do I sing?
  • 海のそこから~I believe~

導入曲の「宇宙が・・・」、前半締めの「海のそこから~I believe~」で、圧倒的な歌唱力にシビレル。やっぱ、透明で重厚な歌声、エスニックな雰囲気を漂わせるメロディが KOKIA の魅力なんだろうな、と思ったりする。
  • ぬくもり
  • ぴんくの象
  • 命の光
  • 調和
  • 覚醒~open your eyes~
  • あたたかい場所
  • いつか誰かを愛した時
  • 祈りにも似た美しい世界
  • (アンコール) ありがとう...

後半に入り、KOKIA &オーディエンス共に肩の力が抜けてきたようで、ヒートアップ。私の好きな曲のうちの一つ「調和」が今回の曲目に含まれていたのもよかったですね。

キーボード担当の澤近さんが49歳の誕生日だったらしく、「ぴんくの象」途中で突然ケーキが出てお祝いされて、本人びっくり照れてました^^; それにしても見た目はかなり若いな~・・・

ラストの「祈りにも似た美しい世界」では、スタンディングコールで大盛り上がり(アルバムで聞いた感じでは落ち着いたテンポの曲だったので予想外でした…^^;)、ステージ奥に引っ込む間もなくアンコール曲へ突入…と、大変楽しいひと時でした。

ライブ会場&通販でしか手に入らない、「2007フランスParisコンサート」のDVDもしっかりGET。

ところで、今回生のステージを観て、ピアノ・キーボード担当の澤近さんの魅力に初めて気がついたかもしれない。
丁度、KOKIA の後ろに澤近さんが見える位置に自分は座っていたんだけど、この方が今までのアルバムでも優しい旋律で伴奏を奏でていたのか~と、じっくり観察してしまった。昔、自分もピアノをやってた事もあるからどうしても気になるんだよね。

こういうことは、ライブに行ってみないとなかなか気がつかないもんだ。
また大阪に来てくれるならば、ぜひその歌声を聴きに行きたいです。

KOKIA web
スポンサーサイト

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

『VSUG DAY』参加募集中

最近はBSD系の開発がメインなので、早くWindowsソフトの開発に戻りたいです;; ごきげんよう。

さて、Visual Studioを使って日頃の開発を行っているメンバーで構成されているコミュニティ『VSUG』主催によるイベントが、6/1に開催されます。
VSUG DAY Summer2007

前回も参加してみましたが、様々な人が集まるTeck・EDみたいな大きなイベントと違って、『趣味がプログラミング』みたいな技術者が主体なので、本格的な内容の割には肩もこらず、気軽な雰囲気で楽しめました。

参加申し込みを行うには、メンバ登録を行う必要がありますが、参加料は無料。今回は、『次期VS"Orcas"の概要』がテーマの一つなので、気になる人は要チェック!

ほりだしもの?

GW前後にオフィスの模様替えがありまして、大掃除状態だったんだけど、ちょっと珍しいものが出てきた。
HDD
真ん中にあるのが、よくある3.5インチHDD。
右側にあるのが、ノートPC等によく使われる2.5インチHDD。
そして左側の巨大な物体が、Quantum製5.25インチHDD、その名も『Bigfoot TX』!!
調べてみると、97年に発売されたIDEハードディスクで8GBモデル。IDEなのでもちろん今のPCにも接続できるはずで、試してみるとバッチリ動作確認できました。

5インチFDDなら、たまに発掘されるので特に目新しくないんだけど、5インチHDDは2000年前後くらいまでパーツショップでたまに見かけた程度。
今の時代にこうして改めて手に取ると、この質量感と迫力には感慨深いもんがあります。

当時も既に3.5インチHDDが主流で、ようやく10GB超えモデルが出てきたような時代だけど、そのようなハイエンドモデルは数万~十数万するような高級品。そのため、安価に大容量化を果たすために、ディスク面積が大きい5.25インチモデルが僅かながら生き残っていました。

同じ5インチクラスでも、FDDの方は今の時代のPCに接続できるドライブを入手するのが殆ど不可能である事を考えると、今でも現役可能な5インチHDDはある意味レア物かもしれない。

時代はシリアルATAに移りつつありますが、IDE⇔USB変換コネクタなんかもあるし、あと10年もしたらまさに『生きた化石』のような状態になるかもしれませんね。

Fedora Coreに悪戦苦闘

夏くらいを目処にLinux環境で動作するアプリの開発を頼まれてるんだけど、Linuxなんて5年くらい触ってないや(´・ω・`)
ウチはWin95が出たくらいからPC触り始めたGUI世代だから、コマンドラインベースのOSは苦手なんだよなぁ…

とりあえずビルド環境くらいは整えたいし、勉強がてらVirtualPC 2007βにFedora Core 6を入れてみることにした。よく考えたらcygwinでよかった気がするけど、近所の本屋でFedoraCoreの入門書が豊富だったということと、最新のデスクトップ環境がどうなっているのか興味があった、ってくらいか。

入門書片手にインストールは完了したけど、色々設定を触ってると何度か地雷にヒット。どうも、根本的な知識が不足しているような気がしてならない。

まあ、新しいブログネタにもなるだろうし、こっちも頑張るか~。

ディスプレイ修理完了。原因は…

今朝会社に出てくると、1週間ほど前に修理に出していたPC用液晶ディスプレイが届いてた。直ったら職場に届けてください、と頼んでおいたやつだ。

どれどれ原因は何だろ?

不具合内容 : 電源をONにして2~3時間程経つとバックライトが消えて何も映らなくなる。20~30分後位に何度も電源ON/OFFを繰り返すと突然回復する。


原因:LCDパネルの不良でした。
・・・( ̄□ ̄)

以前にも書いたけど、今回修理に出すのは2回目。1回目の時は購入して半年だったけど、その時もパネルの不良で部品を取り替えてもらった事がある。やっぱりまた同じ故障だったんだ・・・。

あ~。またそのうち壊れたりして(▼、▼メ)

今回もLCDパネルの交換で、各種テスト、調整を行ってくれたみたいだけど、当然ドット欠けもなし。もし欠けてたらさすがにキレますぜ。

教訓:「値段に惑わされず、メーカーは慎重に選ぼう!」

※Amazonのオススメ広告、いつも同じ事務関係の備品ばっかりでつまんね~。もっと面白アイテムが表示されないかな。

テーマ:( 「゚A゚)「シャー - ジャンル:日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。