今日のジャンク.txt

プログラムメモ、きまぐれ日記、etc...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HomeBasicでご不満?

アメリカらしい訴訟といや、そうかもしれん…

「Home Basicは本物のVistaじゃない」- 米でユーザー訴訟

「Windows Vista Capable」ロゴが消費者の誤解を誘因したとして、ワシントン州在住の女性が全米規模の集団訴訟を求める訴えを起こした。認められた場合、損害賠償の請求額が500万ドルを超える可能性がある。

原告の女性は2006年11月に「Windows Vista Capable」のステッカーが貼られたWindows XP搭載PCを購入した。Windows Vista Capableは、Windows Vistaの稼働のみを保証するロゴである。原告の女性は訴状の中で「Premiumこそが本物のVistaだ」というAcerのシニアバイスプレジデントであるJim Wong氏のコメントを引用し、Microsoftが「Windows Vista」として宣伝している製品はAeroデスクトップやFlip 3Dナビゲーションなどが利用できるバージョンだと指摘。Windows Vista Home BasicにしかアップグレードできないWindows Vista Capable PC購入者の多くが、その限られた機能に失望していると主張する。


BussinessとUltimateの立場は(・・?)

Jim Wong氏のコメントって、もしかしてこのへんの記事が関係してるかな?
MS、Vista投入でOS価格引き上げ」:エイサー幹部が指摘

Home Basicを購入しても、一般に知られているVistaの新機能はほとんど何も使えない」と、Wong氏はPC Pro magazineに対して語った。「(Aero)グラフィックスも、『Media Center』も、リモート管理もない」


私に言わせりゃ、Vistaを動かす事を目的に毎日PCの電源入れてる訳じゃないから、「Home Premiumを購入しても、一般に知られているVistaの新機能はほとんど何も使わない」ってな感じ(^^;
家で使うPCには、Ultimet入れなくてもHome Premiumで十分だなぁと思った時期もあったけど、最近じゃ「HomeBasicでよくね?」と思うようになってきた(それよりも「XPでいいや~」な部分が大きいけど)。

個人的には、HomeBasicでのみ選択可能なテーマ「Windows Vista スタンダード UI」の方が、もはやありきたりなスケスケウィンドウよりも、落ち着いた感じがしてシブい。

HomeBasic2.jpgこのデザインはHomeBasicでしか選択不可。
HomeBasic1.jpgこっちもそれなりにCoolじゃん?

Vistaの各エディションの主な違いは ここ で確認できるけど、エンターテイメントな部分でHomePremiumにあってHomeBasicにないものは以下の5点。

  • Aeroテーマからいくつかのエフェクト(半透明効果、 Windows Flip、Windows Flip 3D…)
  • Windows Media Center
  • Windows Media Center Extender
  • Windowsムービーメーカー(HD対応版)
  • WindowsDVDメーカー

アメリカではMediaCenterの利用が、日本よりも一般的だという記事を何処かで見たことあるような気がするけど、原告が購入したのは「Windows Vista Home BasicにしかアップグレードできないWindows Vista Capable PC」ということから、WindowsXP Home搭載の廉価版PCという事が予想され、当然MediaCenterは最初から搭載されていない。

ちなみに日本のメーカー製PCでは、デジタル放送受信に対応したリビングPCが、MediaCenterの標準機能を拡張して利用できるようになっていますが、自作PC市場では、平成11年のアナログ放送終了、Vista対応キャプチャカードが少ない(カノープスがVista対応を諦めたニュースは記憶に新しい)、MediaCenterは外部入力非対応等の理由から、積極的に利用している人は少ないような気がする。

また、HD非対応のムービーメーカーならHomeBasicにも付属しているし、ビデオ・オーサリング等を日常的に行っているなら、既にサードパーティ製のソフトを利用している人が多いはず。そもそもオーサリングを元からしない人にとっては使わない機能な訳で…。

まあ、分かりにくいエディション分けと、誤解を生むような販売プロモーションをしたマイクロソフトにも幾分か非はあろうものの、こんな事で請求額が500万ドルを超える訴訟が起きるのは、いわゆる「文化の違い」というやつか?

その他の記事
「Windows Vista Home Basic」はVistaではないとして、ついに訴訟へ
スポンサーサイト

テーマ:Windows 全般 - ジャンル:コンピュータ

格安注意

東京-大阪間が、職場-自宅をタクシーで移動するよりも安いなんて( ̄□ ̄)

東京-大阪1980円…歪んだ関係、格安バスの恐怖

一時期、プライベートで東京と大阪を頻繁に行き来していた頃があったけど、飛行機は苦手なので、夜間のJRハイウェイバスを利用する事が多かった。

ドリーム号(東京-大阪)だと片道8,610円、往復15,190円なので、飛行機や新幹線に比べると結構割安。昼便はもっと安いけど、寝ている間に移動して、到着先で朝イチから行動出来る夜行便は便利でしたね。

唯一の難点は乗り心地だけど、3列シートでゆったりしてるとは言え、やっぱり寝難いし疲れる。行きは夜行バス、帰りは新幹線のパターンが個人的にマッチした移動手段だったかも。

民間のハイウェイバスはもっと安いのがあると聞いた事があるけど、知り合いが体験した話では、ボロい観光バスに詰め込まれて隣の人が寄り掛かって鬱陶しいとか、高速道路走行中にブレーキが故障して路肩で停止したとか、散々だったらしい。

食品やサービス業全体に言える事なんだけど、節約したいとはいえ、安全性まで犠牲にしたくないから、理由が分からない格安は避けるようにしてます。

テーマ:社会問題 - ジャンル:ニュース

パソコン vs 携帯?

携帯電話が年々高性能化した影響か、20代のPCサイト利用者が減ってきてるそうな。

パソコン見放す20代「下流」携帯族

う~ん…。何の疑いもなく110番してしまう人は論外だとして、この記事だと『携帯電話=下流』という先入観で、強引に『格差社会』という結論に結びつけ、結局何が言いたいのか分かりづらい。

パソコン持ってる人が全員、高度な機能を使いこなしたり、情報を発信する訳でもないし、親指入力を苦に感じず、用途がWebサイト閲覧、メール、ゲーム等で十分なら、ポケットに持ち運びできる携帯電話で事足りるようになっただけの話では?

コンテンツ情報量や質の面では、まだまだPC向けサイトに一日の長があると思うけど、ある情報にアクセスするための手段は、その年毎の技術水準に応じて多様化・進歩しており、わざわざ『上流』とか『下流』と2分する意味が分からない。

情報を一方通行で垂れ流しているテレビや新聞が、個人でも情報が発信できるPCより劣っているか、と一概に優劣付ける事が出来ないのと同じ事だし、書籍や新聞等がいまだ現役の情報媒体である事を考えると、「データ管理・クリエイティブな作業=パソコン」、「コンテンツへのアクセス=携帯電話」と、棲み分けが進んでいるのが今の流れなのかもしれない。

パソコンの操作なんて、本当に必要性が高まれば体が覚えるもんだし、自分で調べて考える事を心掛けていれば、PC族であろうが携帯族であろうが関係ないと思うよ。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

無防備な近所!?

普段なら「また馬鹿なことやってるな~。イライラ…」で済むようなニュースなんだけど、「箕面」という地名が出てきてたまげたぜ。

近所じゃん(´・ω・`)

箕面市平和のまち条例案 市長賛成、提案へasahi.com

 市民団体「箕面市平和のまち条例をつくる会」(恩地庸之代表)が4264人分の署名を集めて箕面市に直接請求した「市平和のまち条例」について、藤沢純一市長は14日、賛成意見をつけ、20日に開会される市議会定例会に提案することを明らかにした。しかし、同様の条例制定に向けた直接請求は堺市などでもあったが、市議会で可決された例はなく、箕面市議会で条例案が可決されるかは微妙だ。

 条例案は、無防備地域への攻撃を禁じたジュネーブ条約第1追加議定書の規定に基づき、箕面市が「無防備地域宣言」をすることなどが盛り込まれている。

 藤沢市長は、議案書で「直接請求に寄せられた多くの市民の思いを受け止め、平和のまちを実現していくため、この条例案について慎重に審議されることをお願いする」とした。箕面市によると、同様の条例制定に向けた直接請求は、堺市や京都市など全国で10以上の自治体であったが、市議会で可決された例はない。


■「無防備地域宣言」関連のサイト
無防備地域宣言運動全国ネットワーク
無防備地域宣言運動への反論

各所で有効性が疑問視されている条約を元にした宣言なんて、何の意味があるんだ?? しかもこの団体の言う「無防備地域宣言運動」なんて、現実を直視せずに「自分達さえ助かればいい」という無責任さがぷんぷん臭うから、元々賛同できない。

「平和のまち」を目指して何らかの宣言を行う勝手だけど、法律的にも色々問題があって、各自治体で提案されては否決されている類の条例を市長自らが提案って、これって「慎重に審議」する以前に問題があると気がつかないもんだろうか…

可決されることはないだろうけど、もし自分の市だったら本気で引越しを考えるな~。堺はまだ遠かったけど箕面は近所だし、飛び火しそうで十分怖い(--)

『痛い』チョコ

社内での『義理チョコ』なんて風習も下火になって、バレンタインとは縁のない年頃になってるけど、世の中にはこんなチョコを貰ってしまった人もいるらしい。

柳沢厚労相に“苦い”チョコスポニチ
市民団体「ピースボート」、柳沢厚労相に約3.5キロの特大チョコ贈る 「素直に辞めるアナタが好き」との文字入れて痛いニュース

 バレンタインデーの14日、女性を「産む機械」と例えた柳沢伯夫厚生労働相あてに、市民団体ピースボート(東京)が抗議の意を込め「素直に辞めるアナタが好き」と文字を入れた特大のチョコレートを贈った。

 2日間かけたという手作りで縦約30センチ、横約50センチのハート形。重さは新生児の体重を目安に約3.5キロにしたという。子育て中の女性メンバーら約20人が厚労省前に集まり「チョコレートを添えて告白します。1日も早い辞職を」とのメッセージとともに、応対した厚労省大臣官房の職員に手渡した。

 国会では、ひたすら謝罪を繰り返して野党の厳しい追及をしのいでいる柳沢厚労相だが、女性たちの“苦い”プレゼントをどう受け止める?


「どう受け止める?」と記事にされても、謝罪を繰り返している相手に対しての陰湿なイジメ以外のなにものでもなし。たとえ、チョコの相手が民主3バカトリオでもこの行動は引くね。ユーモアひとつ感じ取れない。

企画した当人らは「してやったり!」と思ってるかもしれないけど、傍から見れば「女って陰湿だな~」と思わずにはいられないし、世の中の大多数である、まっとうな女性にとってもいい迷惑。
男性から見た女性の品格そのものを下げてると気がつかないのかな…。

不愉快な思いをしたからって、何をやってもいいわけじゃないぞっ!
もっとも、社会運動の一環だから、そんな事なんて関係ないようですがね。┐(´-`)┌

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。