今日のジャンク.txt

プログラムメモ、きまぐれ日記、etc...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gracenote CDDB SDK

豆知識程度にどうぞ。

CDDBといえば、ネット上で自由に利用できる音楽CD情報が格納されたデータベースですが、企業形態で運営している中で最も有名なのがiTuneやWinamp、au Music Port等で採用されている「Gracenote CDDB」かな? フリーのCDDBサーバーに比べると圧倒的な情報量を誇り、日本語タイトルの情報精度も高い。

んで、自家製ソフトから「Gracenote CDDB」にアクセスしたい場合、ライセンス契約を結ばないといけないので結構メンドクサイのですが、開発しているソフトが非商用である場合はロイヤリティを支払わなくてもいいという制度がある。個人名義でもWebサイトのフォームに登録するだけで、SDKのダウンロードとソフトウエアに発行されるClient IDを取得する事が可能。
この段階では、まだソフトウエアに対する認定は下りてないので、指定された限定的なデータ(1000曲程度)のアクセスと、テスト用に100人までのエンドユーザー向けライセンスが提供される。

ソフトウエアへの実装は、エンドユーザー向けのライセンス認証画面、TOCの取得、サーバーへのアクセス等すべてCOMで実装されているので、ドキュメントやサンプルを見ながら作業を行うと比較的簡単に行える。VB用のActivXコントロールとしても利用できるので、VCでCOMインタフェースを扱うのが苦手な人でも何とかなると思う。

さて、晴れて完成してソフトウエアに対する認可も貰うと、CDDBサーバーの全てのデータへのアクセスと、25万人までのエンドユーザー向けライセンスが提供される。
注意しないといけないのは、たとえフリーソフトだとしても、使っている人が25万人を越えるようならば、商用向けライセンスを新たに結び直してロイヤリティを支払わないといけないこと。(個人フリーソフトでこれだけ普及するのは大したものですが…)

ネット上には有志が運営しているフリーなCDDBサーバーもいくつかあるので、あえてGracenote CDDBを選ぶ必要もないですが、開発用ドキュメントを読んでいると色々面白い事が書いてあるので、選択肢の1つとして検討するのは悪くないかもよ?
スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://junktxt.blog90.fc2.com/tb.php/12-b577ee64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。