今日のジャンク.txt

プログラムメモ、きまぐれ日記、etc...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WebAPIのポータルサイト

世界中で公開されているWebAPIを集めた日本語サイトが最近オープンしたらしい。

MASHUPEDIA (マッシュペディア)

WebAPIを扱う機会がないので、どんなサービスが公開されているのか調べる事がなかったのですが、こうして一覧で見ると面白そうなのがありますね。

暇な時に色々試してみよっと。

DivX Playerとカスペルスキーの相性問題

最近、WinXP上でDivX Player(ver6.43)が正常に終了しない問題に悩まされていましたが、原因がやっと判明。ジャストシステムの「カスペルスキーインターネットセキュリティ6.0(試用版)」が影響していました。試しにPCの保護を停止すると、正常にDivX Playerが起動/終了するようになります。

カスペルスキーの何が原因なのかもうちょっと調べてみたところ、以下のチェックがどれか一つでもONになっているとNGでした。

  • 「アンチスパイ」プロテクションの「アンチフィッシング」
  • 「アンチスパイ」プロテクションの「アンチバナー」
  • 「ウェブアンチウィルス」プロテクション

これ以上調べるのは正直ダルイ。
似たような現象に遭遇している人は、とりあえず上記の項目をOFFにしてみましょう。

まあ、そんなこんなで、"脱ノートン"検討のためにカスペルスキーを試用していたのですが、動作が軽くて、ユーザーインタフェースが直感的でわかりやすいのはいいけど、回線速度が半分程度まで落ちたり、今回のように他アプリケーションとの相性問題が発生したりと、気になる点がいくつか見受けられます。

それ以外では今のところ良好なので非常に惜しい。

「FlexScan S2411W」限定版

渋そうな色だなぁ…。
EIZOダイレクト専用モデル
ナナオ、HDCP対応24.1型ディスプレイに新色を追加 -100台限定の「チタニウムシルバー」 (AV Watch)

学生時代は、アウトドアグッズをチタン製で揃えるのが憧れだったから、「チタニウム…」と聞くと欲しくなる^-^。ただ、同サイズの安いCRTが各社からボチボチ発売されている中、やはり値段的に厳しいものがあるなぁ…

さて、以前にEIZO直販モデル「FlexScan S2111W」を購入した事を本ブログでも記事にしましたが、あれってBOSE製PCスピーカーとセット価格でも購入できるんですよ。通常だと15,000円する高級スピーカーですが、セット購入だと10,000円くらいになって結構おトク。

当時、私が購入したのはCRT単体だったんですが、

P1000002.jpg

BOSEスピーカー(Companion2 SeriesII)も購入しましたっ!

以前まで使っていたのは、中途半端な4スピーカー+サブウーハーと無駄に場所を取っていたので、週末に手頃な大きさの物をヨドバシまで探しに行ってました。色々視聴してみましたが、このサイズでの音質、シンプルで飽きのこないデザインは他になかったですね。

問題は価格。1万5千円とはPCスピーカーに投資するには大きすぎる。1時間ほど悩みましたが、アンプ内臓で入力端子が2系統備えている事も決め手となり、安物買いの銭失いになるくらいならと思い切って購入しました。

でも、ヨドバシポイントを使ったからタダでゲット!(^-^)v

さて、さっそく家に帰ってPCに接続して音楽を視聴したところ、「これが同じPCから出る音か?」というくらい激変。低音と高音のバランスが心地よく響いて、これならパソコンで音楽を聴くのが苦じゃないな。
(もちろん音の好みは人それぞれなので参考程度に。書いた後に色々聴いてると、低音がドスンドスンと強すぎるかも?)

また、ウチの住んでいる部屋は、何かのスイッチON/OFFした時に電源ノイズが発生する事が多いのですが、以前のスピーカーはその度に雑音が発生していたけど、新しいスピーカーはそういう事はまだ起きてないですね。

気になったのは、スピーカーユニットに電源スイッチが付いてない事くらいか。完全にOFFしたい時は電源抜かないといけないのがやっぱり不便かも。
あと、部屋のコンポもBOSE製なのですが、同じCDを聞き比べるとさすがに音質は適わない。これはしょうがないけどね^^;

ナナオCRTの購入を考えている方は、この機会にBOSE製スピーカーとセットで購入するのもオススメでっす!

株式会社ナナオ
EIZOの直販サイト「EIZOダイレクト」

テーマ:PC周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

HomeBasicでご不満?

アメリカらしい訴訟といや、そうかもしれん…

「Home Basicは本物のVistaじゃない」- 米でユーザー訴訟

「Windows Vista Capable」ロゴが消費者の誤解を誘因したとして、ワシントン州在住の女性が全米規模の集団訴訟を求める訴えを起こした。認められた場合、損害賠償の請求額が500万ドルを超える可能性がある。

原告の女性は2006年11月に「Windows Vista Capable」のステッカーが貼られたWindows XP搭載PCを購入した。Windows Vista Capableは、Windows Vistaの稼働のみを保証するロゴである。原告の女性は訴状の中で「Premiumこそが本物のVistaだ」というAcerのシニアバイスプレジデントであるJim Wong氏のコメントを引用し、Microsoftが「Windows Vista」として宣伝している製品はAeroデスクトップやFlip 3Dナビゲーションなどが利用できるバージョンだと指摘。Windows Vista Home BasicにしかアップグレードできないWindows Vista Capable PC購入者の多くが、その限られた機能に失望していると主張する。


BussinessとUltimateの立場は(・・?)

Jim Wong氏のコメントって、もしかしてこのへんの記事が関係してるかな?
MS、Vista投入でOS価格引き上げ」:エイサー幹部が指摘

Home Basicを購入しても、一般に知られているVistaの新機能はほとんど何も使えない」と、Wong氏はPC Pro magazineに対して語った。「(Aero)グラフィックスも、『Media Center』も、リモート管理もない」


私に言わせりゃ、Vistaを動かす事を目的に毎日PCの電源入れてる訳じゃないから、「Home Premiumを購入しても、一般に知られているVistaの新機能はほとんど何も使わない」ってな感じ(^^;
家で使うPCには、Ultimet入れなくてもHome Premiumで十分だなぁと思った時期もあったけど、最近じゃ「HomeBasicでよくね?」と思うようになってきた(それよりも「XPでいいや~」な部分が大きいけど)。

個人的には、HomeBasicでのみ選択可能なテーマ「Windows Vista スタンダード UI」の方が、もはやありきたりなスケスケウィンドウよりも、落ち着いた感じがしてシブい。

HomeBasic2.jpgこのデザインはHomeBasicでしか選択不可。
HomeBasic1.jpgこっちもそれなりにCoolじゃん?

Vistaの各エディションの主な違いは ここ で確認できるけど、エンターテイメントな部分でHomePremiumにあってHomeBasicにないものは以下の5点。

  • Aeroテーマからいくつかのエフェクト(半透明効果、 Windows Flip、Windows Flip 3D…)
  • Windows Media Center
  • Windows Media Center Extender
  • Windowsムービーメーカー(HD対応版)
  • WindowsDVDメーカー

アメリカではMediaCenterの利用が、日本よりも一般的だという記事を何処かで見たことあるような気がするけど、原告が購入したのは「Windows Vista Home BasicにしかアップグレードできないWindows Vista Capable PC」ということから、WindowsXP Home搭載の廉価版PCという事が予想され、当然MediaCenterは最初から搭載されていない。

ちなみに日本のメーカー製PCでは、デジタル放送受信に対応したリビングPCが、MediaCenterの標準機能を拡張して利用できるようになっていますが、自作PC市場では、平成11年のアナログ放送終了、Vista対応キャプチャカードが少ない(カノープスがVista対応を諦めたニュースは記憶に新しい)、MediaCenterは外部入力非対応等の理由から、積極的に利用している人は少ないような気がする。

また、HD非対応のムービーメーカーならHomeBasicにも付属しているし、ビデオ・オーサリング等を日常的に行っているなら、既にサードパーティ製のソフトを利用している人が多いはず。そもそもオーサリングを元からしない人にとっては使わない機能な訳で…。

まあ、分かりにくいエディション分けと、誤解を生むような販売プロモーションをしたマイクロソフトにも幾分か非はあろうものの、こんな事で請求額が500万ドルを超える訴訟が起きるのは、いわゆる「文化の違い」というやつか?

その他の記事
「Windows Vista Home Basic」はVistaではないとして、ついに訴訟へ

テーマ:Windows 全般 - ジャンル:コンピュータ

[ATLメモ] atlconv.h 備忘録

マルチバイト文字列をUnicode文字列に変換したり、その逆を行いたい場合、それぞれMultiByteToWideChar()WideCharToMultiByte()が利用できますが、引数の数が多かったり、変換後の文字列バッファサイズを事前に調べて適切なメモリ領域を確保/開放する等が必要だったりで、気軽には扱いにくいと思います。

そこで、自前でヘルパークラスを用意するのもいいのですが、ATLヘッダ atlconv.h をインクルードする事で、非ATL/MFCプロジェクト上でも便利な文字列変換機能が利用できます。

まず、ATL3.0 (VC++6.0) からサポートされている文字列変換マクロ (SourceType2[C]DestinationType) の使用例は以下の通り。
USES_CONVERSION;  // ← ATL文字列変換マクロを使用
char szTextA[] = "サンプル文字列1";
wchar_t szTextW[] = L"サンプル文字列2";

// (A)マルチバイト文字列 → (W)Unicode文字列
wchar_t* pszWorkW = A2W ( szTextA );

// (A)マルチバイト文字列 → (CW)Unicode文字列定数
const wchar_t* pcszWorkW = A2CW( szTextA );

// (W)Unicode文字列 → (A)マルチバイト文字列
char* pszWorkA = W2A( szTextW );

// (W)Unicode文字列 → (CA)マルチバイト文字列定数
const char* pcszWorkA = W2CA( szTextW );
ATL文字列変換マクロを使用するには、まず関数内でUSES_CONVERSIONを宣言する必要があります。
各マクロの命名規則は、'A'=マルチバイト文字列、'W'=Unicode文字列、'C'=定数を表し、'2'('to'の事でしょうね) を間に挟んで、どのタイプの変換を行うか指定できます。

ただし、これらの文字列変換マクロはスタック領域にメモリを割り当てるため、大きな文字列を扱ったり、ループ中で使用するのには向いていません。

このためATL7.0 (VC+.NET 2002) から、先頭にクラスを表す'C'が付加された、文字列変換マクロ・クラス (CSourceType2[C]DestinationType[EX]) が追加されました。
char   szTextA[] =  "サンプル文字列1";
wchar_t szTextW[] = L"サンプル文字列2";

// (A)マルチバイト文字列 → (W)Unicode文字列
// キャスト演算子により、CA2W オブジェクトの外観は wchar_t*

CA2W szWorkW( szTextA );

// (W)Unicode文字列 → (A)マルチバイト文字列
// キャスト演算子により、CW2A オブジェクトの外観は char*

CW2A szWorkA( szTextW );
Cから始まる文字列変換マクロを使用する場合、USES_CONVERSIONの宣言は不要です。

新しい変換クラスでは、変換される文字列が短い場合はスタック領域を使用、一定の長さ(デフォルト:128byte)を越える可能性がある場合はヒープ領域を確保するので、メモリが効率的に利用されます。また、使用したいスタック領域を節約したい場合、末尾に'EX'が付いたテンプレートクラスを用いる事もできます。
(例えば、64byteを越えない事が明らかなの場合、CA2WEX<64>, CW2AEX<64>など)

また、tchar.h をインクルードして汎用文字列を扱っている場合は、A2TT2WCA2TCT2W等、'T'のキャラクタが含まれたマクロも利用できます。
例えばCT2Aは、コンパイル時にプリプロセッサ _UNICODE が指定されていた場合、CW2Aと解釈されますが、プリプロセッサが指定されていないと、CA2Aと解釈され、変換が行われずにそのままの値を返すようになります。

注意すべき事は、新しい文字列変換マクロは一時的にメモリを確保しているだけなので、キャスト演算子から返されたメモリアドレスを保持して、後から参照しようとすると不都合が発生します。
char* pszWorkA = CW2A( szTextW );
printf("%s", pszWorkA); // ← pszWorkAが指すメモリは既に無効!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。